スイッチング支援システムで電力会社の契約変更を円滑に

スイッチング支援システム
電力の自由化、紛糾も

女性1 のコピー 22016年4月から、電力小売の自由化が開始されます。

これにより、一般家庭や企業など電力の「需要家」が、電力を自由に購入できるようになります。

今までは地域の電力会社から電力を購入するしかなかったのですが、既存の電力会社や新規参入の電気事業者から自由に電力を買うことができるようになります。

自分で料金プランや使用電力などを検討しながら好きなように選べるのは素晴らしいことですが、一方で問題があります。

それは、電力会社の変更に関する契約変更の手続きが煩雑になることです。

自分がどれだけの電力を使っているのかを把握しなければならず、さらには二重契約や契約の無効のような大問題が起こる可能性もあります。

スイッチング支援システムとは?

そこで考え出されたのが

「スイッチング支援システム」

です。

スイッチング支援システムは、一般家庭や企業など需要家が電力会社から電力小売事業者へと契約変更を希望する場合、小売業者側が需要家の電力使用状況をシステム上で確認し、契約変更がスムーズに進むように取り計らうというものです。

また、契約変更後に使う送電線を扱う業者にも連絡が入ります。

スイッチング支援システムにより、送配電事業者と電力小売業者をどの様に組み合わせても、契約変更の手続きを円滑に進めることができます。

また、今までは電力会社が発電・送配電・小売の3つを一体化していましたが、自由化後はスイッチング支援システムを経由しない顧客情報のやり取りは不可能になります。

これにより、電力会社変更の手続きがかなりスムーズになります。

例えば、A社の電気料金が安いので切り替えたいと言った場合、A社に連絡するだけで機器の交換等面倒な事が無く契約変更が出来るという事です。

契約変更や使用電力・送電線の把握などは個人にとっては非常に複雑な問題で、うかつに関わると二重契約になったり、どことも電力契約していなかったりという状況を引き起こしてしまう可能性があります。

しかし、スイッチング支援システムならそういった状況を回避することができるのです。

ほとんどの場合、インターネットやコンピューター間の「API(アプリケーション・プログラム・インターフェイス)」を利用するため、手続きも非常にスムーズで効率的です。

電力自由化がスタートしたら契約変更が殺到する事は目に見えています。

契約変更にはスマートメーターが必要

三菱製スマートメータースイッチング支援システムは、電力小売自由化開始にあたっては必要不可欠なシステムだと言えるでしょう。

これにより、電力の需要家にとっても供給側にとっても大きなメリットが生まれています。

しかし、スイッチング支援システムには必要なものもあります。

それは「スマートメーター」です。

左の画像は三菱製最新スマートメーターM5CMシリーズです。

スマートメーターは、インターネットと接続することにより、電力使用量をパソコンや宅内のモニターで簡単に把握することを可能にするメーターです。

これにより、月ごとだけではなく1日や1時間ごとの電力使用量をいつでも確認することができるようになります。

スマートメーターにはインターネット接続が必要ですが、新電力会社はもちろんこういった点も簡単に接続が出来る様各社対策しています。

今のところは国の補助金によって無料配布される見通しになっていますので、料金面も心配なさそうです。

電力自由化が本格的に始まるのは2016年の4月ですが、2016年1月には電力会社への契約変更予約が可能になるので、そのあたりに配布される可能性が高いでしょう。

スイッチング支援システムの課題

今のところ、スイッチング支援システムに関する課題はあまり見られません。

電力の自由化そのものは問題を多く抱えていますが、その問題の一つである契約変更の煩雑さを解決するために考えられたスイッチング支援システムはむしろ電力自由化で良くなる点のひとつだと言えます。

需要側にとっても供給側にとっても便利でトラブルのない状況を作り出してくれるからです。

スマートメーターを通じた使用電力量のチェックに関しても、送配電事業者が閲覧できるのは需要家に発行されているパスワードを許可を得て使用したときのみです。

パスワードが流出しない限り、電力使用量についてのデータが外部に漏れることはないので安心です。

そろそろどの新電力に切り替えるか検討されている方も多いと思います。

是非後悔の無い会社に切り替えて頂きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>