スマートハウスの魅力とは?

スマートハウスってこんなに素晴らしい!

スマートハウスは素晴らしいスマートハウスとは何かと思う人もいるでしょうが、スマートハウスというのは、簡単に言えば賢い住宅という意味です。

住宅には通常電気などの設備が備わっていますが、どのような家電製品を使うかによって電気代が変わってきますし、どれだけ使用したのかによっても変わってきます。

自分で電気代を節約しようと工夫しなければ、通常は電気代を減らすことはできないのですが、スマートハウスはIT技術を駆使して電気代を節約してくれるので、賢い住宅と呼ばれているのです。

では、一般的な住宅とスマートハウスとではどこが違うのかというと、スマート住宅は太陽光発電や蓄電池を導入した家でもあるので、家そのものに大きな違いがあるわけではありません。

エコ関連の機器、次世代エネルギーなどを導入した家をスマートハウスと呼んでいるのです。

スマートハウスのメリットとデメリット

スマートハウスメリットそんなスマートハウスにはいろいろなメリットがあります。

主なメリットと言えば、エネルギーを作り出すことができる、エネルギー消費を抑えることができる、光熱費を削減することができる、環境にやさしいことでしょう。

主なデメリットと言えば、お金が一般的な住宅よりもかかってしまうことです。

しかし、知っての通りに太陽光発電で溜めた電気は、売電と言って売ることが可能ですし、太陽光発電を導入することで、補助金を受け取ることもできます。

長い目で見れば、導入するときにはお金がかかってしまっても、最終的には得をすることになるのです。

よって導入時にお金がかかるというデメリットも、最終的にはメリットになると考えれば、これほど魅力的な家はないと言っても過言ではありません。

昔に比べて気軽に導入できるようになっているので、まずはインターネットなどで情報収集を行い、どのようなスマートハウスにしたいのか計画を立ててみましょう。

スマートハウス実現に必要な導入システム

蓄電池スマートハウスは特別な家ではありません。

普通の住宅に少しシステムを導入するだけで気軽にスマートハウスにすることができるのです。

では、どのようなシステムを導入するのかというと、太陽光発電や蓄電池、そしてヘムスというホームエネルギーマネジメントシステムになります。

太陽光発電や蓄電池は特に説明しなくてもわかるでしょうが、ヘムスというのは知らない人も多いでしょう。

ヘムスというのは、住宅で使用する電気の自動制御システムのことです。

ヘムスを導入しなければ、太陽光発電や蓄電池を導入しても、普通のエコ住宅になってしまいますし、電気代や電気の使用量を自動で抑えることはできません。

ヘムスを導入すれば、太陽光発電や蓄電池を導入しなくても、電気代の節約をすることは可能です。

しかし、それではエネルギーをゼロにすることはできません。

太陽光発電は化石燃料を一切使用せず、二酸化炭素も全く排出しませんし、極端に言えば電力会社から電気を止められていても使用が可能になります。

環境にやさしいことはいうまでもありませんし、地球温暖化対策にも貢献できるのです。

ヘムスを使用することで、現在どれだけ電気が使用されているのかもはっきりとわかりますし、どれだけ売電できているのかまでわかります。

どれだけ電気が使用されているのか、どれだけ電気が売られているのかが分かれば、より電気を節約する方法が詳しく理解できます。

自然とエコ生活が身に付く!

解説女性人間は最初きついと思っていることでも、慣れてしまえばあまりきついとは思わなくなります。

仕事でもそうですが、最初はわからないことだらけで、作業時間がかかっても、慣れてくればスムーズにこなせるようになるのと一緒です。

エコ生活も同様で、最初は面倒に感じるでしょうが、慣れてしまえばエコ生活をすることが自然な状態になるので、まずはエコ生活に慣れる事から始めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>