LEDと蛍光灯の電気代を徹底比較!!

LEDと蛍光灯比較節電アイテムの代表格とも言えるLED。

使い方次第では大きく節電効果が得られますが、初期費用がかかるので手が出ないという意見もあります。

そこで今回は、LEDがどれ程節電に効果的なのか考えてみました。

LED電球で節電ができる理由

蛍光管や蛍光灯は光を出すと同時に熱も発します。

電球に触ると発熱していますが、これは実は無駄なエネルギーなのです。

逆にLEDは電気エネルギーのほとんどを光として出すことができるので、ムダが少なく効率的な発光が可能。

蛍光灯と同じ明るさでも、消費電力が小さく済みます。

白熱灯との寿命の差

洗面所や浴室など、白熱灯を使っている場所をすべてLEDに替えるとどれくらいの節電効果が望めるのでしょうか。

100Vの蛍光灯は300円〜400円程度。

同じ100VのLED電球は1,000円程度となります。

この時点で600円〜700円の価格差がついていますが、蛍光灯の寿命は10時間使用すると2ヶ月くらいで切れてしまいます。

LED電球は約10年間、およそ60倍の寿命を持っており、長く使えば使うほどお得になる計算に。

蛍光灯は10年の間に何度も交換しなければなりません。

2ヶ月しか持たないとなると、少なくとも一年に5回は交換することになります。

300円の蛍光灯を5回交換すると1,500円ですから、1年でしっかり元が取れる計算になります。

電気料金の比較

家庭で使われている蛍光灯の照明をすべてLED照明に替えた場合の電気料金はどのように変わるのでしょうか。

1kWhあたりの電力量単価を25円とし、2,000円の蛍光灯照明と9,000円のLED照明1つにかかる1ヶ月の電気料金を比べてみます。

各製品の消費電力量にもよりますが、LED照明は蛍光灯に比べて2分の1程度消費電力が少なくて済むので、600円程度かかる蛍光灯の電気料金に対しLEDは300円程度。

すでに1ヶ月で300円もお得になっています。

ただし買い替えに費用がかかっているので、7,000円の価格差を埋めるには2年程度の期間を要します(製品によっては9,000円以下で手に入る場合もあります)。

4LDKの家庭で、4部屋それぞれに照明を使っている場合、1ヶ月で1,200円がお得に。

年間で1万5千円近くも電気代がお得になる計算です。

年数を重ねてもLEDは持ちが良いので、蛍光灯のように頻繁に買い替える必要がありません。

長持ち&長期的に見てコストパフォーマンスが高い点が、LEDならではの特徴と言えるでしょう。

LED照明の上手な使い方

蛍光灯からLED電球やLED照明に替える時は、頻繁に点灯している場所から順に交換しましょう。

点灯時間が長い場所ほど電気代がかかっており、そこをLEDに替えるだけでも電気代を大きく節約することができます。

たとえば家族全員が集まるリビングルームや、電気をつけっぱなしにしやすい場所などを優先的にLEDにします。

洗面所など点灯時間が短い場所は電気代にあまり影響しないので、すぐにLEDに替えなくても問題はないかと思います。

電気料金プランも見直してみる

LEDに替える時に、一緒に見直したいものが電気料金プランです。

一般的に、各家庭の電気は時間帯に限らず同じ単価が適用される従量制となっていますが、日中に家にいない場合は電気代がムダになっているかもしれません。

夜に帰宅し、家電製品や照明を使うのであれば、夜間帯に単価が安くなるプランを選ぶと良いでしょう。生活スタイルに合った料金プランを選べば、ムダがなくなり電気料金も大きく節約できますよ。

LEDは蛍光灯に比べて持ちが良く、長く使うほどに電気代が抑えられます。上手にLEDを活用しつつ電気料金プランも一緒に見直すことで、余計な電気代を省いて大きく節約につなげることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>