電力自由化のデメリットとは?3つの課題や懸念点

電力自由化課題
(課題の前に)最大のメリット:電気料金の値下げについて

2016年の4月には各家庭が自由に電力会社を選択出来る様になる見通しです。

2018年から2020年の間には発送電分離も行われるとされています。

この電力の自由化によって見込まれているのは、「電気料金の値下げ」です。

従来の電力会社だけでなく新規の企業も電力供給産業に参入するとなると、各企業間の競合が激化することが見込まれます。

結果、一人でも多くの顧客を惹きつけようと、低価格で電力を提供する電力会社や、携帯電話やガスなどとセット販売する見込みの新規参入企業などがわかっています。

これだけ聞けば電力自由化は大変素晴らしいもののように思えますが、実際にはどうなのでしょうか。

その課題や懸念についても検討する必要があるでしょう。

電力自由化の課題その1:安定供給できるか?

太陽光発電メリット

電力自由化に関する最大の懸念は「電力を安定供給できるか否か」です。

今までは発電や配電に高度な技術やノウハウを持った電力会社が独占的に行っていたということもあり、大規模な停電が発生することはあまりありませんでした。

しかし、電力自由化によって新規の電力会社や今までは電力供給に携わっていなかった企業も電力の小売業に参加してくることが予想されます。

これらの企業が利益確保のために設備投資への出費を怠ったり、発電に必要な資源を入手できなかったりすれば、電力の安定供給は不可能になるでしょう。

それだけではありません。

電力自由化によって電力供給産業における企業が増えれば、今までの地方電力会社も苦戦を強いられることになります。

電力会社の方でも電気料金の値下げをしたり派手な広告を出さしたりしなければならなくならず、結果として設備投資が不十分になる可能性になります。

そうなれば、今までは問題を起こさなかった電力会社も停電や事故に見舞われる事もあるかもしれません。

電力自由化の課題その2:電気料金が上がる見通しも?

電気料金アップ電力自由化による最大のメリットとされているのは電気料金の引き下げです。

しかし、自由化の進み具合によっては、電気料金が安くなるどころか高くなることもあるのです。

例えば、火力発電に必要な石油価格が高騰した場合です。

この場合、電力会社としては利益を補うため、石油購入のためのコスト分を電気料金に加算します。

結果、私たちが支払う電気料金が割高になってしまいます。

もちろん、石油の価格上昇などアクシデントがなければ問題ないとも言えますが、中東事情が安定しない昨今では油断できません。

また、電力自由化が行われる前は電気料金の変動には政府による規制がかけられていましたが、自由化後はそれもなくなります。

その結果、電気料金がどんどん高くなる可能性も否定はできないのです。

実際、日本より先に電力の自由化を行ったドイツにおける電気料金も年々上昇しています。

日本の例とドイツの例を一緒くたに語ることはできませんが、そうしたリスクがあることも理解しなければなりません。

電力自由化の課題その3:再生可能エネルギーを電力として不安定ではないか?

電力の自由化が推し進められる中で同時に検討されるのが、再生可能エネルギーの導入方法です。

石油価格の高騰や電力会社間の競合により電力の安定供給が困難になることを恐れ、代替として再生可能エネルギーの使用を考慮する電力会社や企業、一般家庭は増加しています。

しかし、太陽光発電、風力発電など再生可能エネルギーにも問題はあります。

第一に、安定供給が可能か否かです。

太陽光発電では太陽光を、風力発電では風をエネルギーに発電を行いますが、どちらも自然環境による影響を多く受けます。

多く発電できる日もあれば全くできない日もあるといったように、不安定になってしまいます。

そのため、電力の自由化に当たっては再生可能エネルギーをどのように導入していくかについても一考しなければなりません。

エコロジー的には素晴らしいアイディアなので、上手に生かしていきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>