電子ブレーカーとは?

電子ブレーカー電子ブレーカーを導入するメリットとは?

経済的メリットどのような物でも必ずメリットとデメリットがあるのですが、電子ブレーカーを導入することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

電子ブレーカー最大のメリットと言ってもよいのが、電気代を節約できることです。

最近は電気料金もどんどん値上がりしているので、普段から節約を心がけている人も多いでしょうが、やはり普段の生活になくてはならない物であるため、節約するにも限界があります。

しかし、電子ブレーカーを導入すれば、電力会社の基本料金を下げることができるので、かなりのメリットだと言えるでしょう。

どの程度節約できるかは、契約電力によって変わります。

一般家庭ではあまり使用されていませんが、頻繁に電気を使用する商店や企業、ビルやマンションのオーナーなどであれば、かなりの節約が可能になります。

メーカーによっては返金保証が付与されている場合もあるので、メーカーを選ぶときには事前に情報収集をしておきましょう。

電気料金削減を行うことで、環境にもよい影響を与えますし、家計も助かります。

また、契約の決定方法には、負荷設備契約と主開閉器契約という2つの算定方法があります。

電子ブレーカー導入のデメリットは?

デメリットどれだけよい物であっても、必ずメリットがあればデメリットが存在します。

そこで電子ブレーカーのデメリットを紹介させていただきます。

電子ブレーカーを導入するときは、当然業者に頼んで設置してもらうのですが、この業者自体がデメリットと言えるのです。

なぜなら知識の乏しい業者に依頼してしまうと、選定容量を誤ってしまうことがあるのです。

もし選定容量を誤ってしまうと、頻繁にブレーカーが落ちてしまうので、せっかく導入してもまともに電気を使用することができなくなります。

ブレーカーが落ちて電気を遮断することを「トリップ」と呼ぶのですが、頻繁にトリップが発生してしまうと、会社や商店などでは仕事が進まなくなることもあります。

マンションやビルなどでは苦情が殺到するので、いくらコストを削減しても意味がありません。

このように業者選びが難しいということがデメリットです。

中には悪徳業者も存在しているので、しっかりと見分けられる目を養う必要もあります。

電子ブレーカーの仕組み 電子ブレーカーはどのような仕組みなのかというと、基本的には一般的なブレーカーと同じです。

ブレーカーというのは、建物の中などに電力を供給するための装置ですが、一定以上の電気を使うとトリップしてしまいます。

なぜなら一定以上電気を使用すると、使用容量を超えてしまい危険だからです。

しかし、一般的なブレーカーは電圧や電流などを感知してトリップするのではなく、熱を感知してトリップします。

だから先日はこれだけ電気を使用しても大丈夫だったのに、今日はトリップしてしまったということが起こるのです。

それに対して電子ブレーカーの場合には、熱を感知するのではなく、電流を計測してトリップする仕組みになっています。

電子ブレーカートラブル事例

機器計測電子ブレーカーにまつわる、詐欺やトラブル事例 実際電子ブレーカーの導入を行い、トラブルに遭った人もいます。

どのような事例があるのかというと、最も多いのはすぐにブレーカーがトラップしてしまい、まともに電気を使えなくなるというトラブルです。

いくらコストの削減をするために電子ブレーカーを導入しても、満足に使えないのであれば意味がありません。

他にも突然営業マンがやってきて、電子ブレーカーを導入すれば電気代が下がり、電気料金削減ができると言われて導入したことで、発生したトラブルもあります。

きちんと説明を行わず、初めから強制的に設置させるために訪問し、何を聞いてものらりくらりとかわして設置されられた結果、逆に電気料金が高くなるというトラブルも発生しているのです。

やはり業者側から営業をしてくる場合、デメリットを説明しない、質問に答えない場合には注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>