電力自由化のメリットとデメリットとは?

電力自由化デメリット

2016年4月から一般家庭に電力自由化の波が来ます。

電力自由化によって、「電気料金の安さ」以外に一般家庭にどんなメリットがあるのでしょうか?

また、どんなデメリットが起こる可能性があるのでしょうか?

「これさえ読めば電力自由化のメリットとデメリットがわかる!」様に書いたので、長文になりますが、最後までお付き合い頂ければと思います。

電力自由化のメリットその1:電気料金が安くなる!

このメリットを置いて電力自由化は話せないでしょう。

今までは住んでいる土地によって固定されてきた電力会社からしか電気を買えませんでしたが、新規電力会社が参入している今、選択肢が自由化される事で、各電力会社での競争が始まります。

既存の電力会社の他に、それぞれが互いにライバルとなり、熾烈な価格競争を繰り広げるであろうことは容易に想像できます。

特に一般家庭向けの電力自由化が始まる2016年から各電力会社の値下げアピールが強くなることが見込まれます。

また、既存の電力会社は新規参入の企業に負けない魅力的な料金プランを提示してくるでしょう。

こうした状況で割高な電気料プランを提示してくる電力会社はまずないと思われます。

そんなことをしていてはライバル会社に勝つことは不可能だからです。

結果的に電気料金は安くなり、サービスを受ける側である私たちにとってはとても嬉しいメリットと言えます。

メリットその2:サービスが多様化する

電力の自由化によって電気料金が安くなることの他にもう1つのメリットがあります。

それは、今までは別の事業を専門としてきた企業が電力供給に参入してきた場合、受けられるサービスがより多様化して魅力的になるということです。

例えば、通信会社が電力供給事業に参入した場合、電力供給に加えてネット回線や電話回線の契約もセットにしてくる可能性はとても高く、事前情報として既にセットプランもいくつか上がっています。

電話・ネット回線にプラスして電力の契約までできるのならいろいろな手続きを一括できて楽ですよね。

その他、付加価値の高い魅力的な電気料金プランを提供する企業も増えてくるでしょう。

電気料金の値段を巡って競合する企業が増えれば増えるほど、私たち消費者にとってはメリットが大きくなります。

メリットその3:節電効果・省エネ対策

電力の自由化によって起こると予想されるのは価格競争だけではありません。

今まで、自宅の電気料金を意識した事の無い方が、友人知人から「私は◯◯◯会社に電力会社を替えて、月2000円も節電できてるよ!」と聞いた瞬間から、電力会社選びをスタートすると思います。

併せて、自宅内の電気の使用状況や電気料金を確認し、節電の意識が芽生えます。

また、企業間のイメージアップを巡る競争も激化することが見込まれます。

例えば、環境問題への関わりについてのイメージです。

電力会社にとってのアピールポイントには電気代の安さに加え、「省エネルギー」が欠かせません。

環境問題への一般的な意識が高まっている現在、安さだけでなくエコについてもアピールしていくことはとても大切なのです。

そのため、省エネルギーにつながるような取り組みや技術開発を行い、さらにそれを積極的に宣伝する電力会社が増えてくるでしょう。自由に電力会社を選ぶことによって省エネに貢献することも可能になるのです。
見出し5:ビジネスチャンス
電力の自由化が行われればビジネスチャンスも急増します。なぜなら、より魅力的な料金プランや安定した電力、そしてエコイメージを提供する企業が勝ち抜いていくことが分かるからです。企業にとっては経営の改善や企業イメージに関わる大きなチャンスとなるでしょう。また、既存・新規を問わず電力会社が電力自由化の波に乗って成功を遂げればその分の人材も必要になります。結果的に電力会社関連の雇用も増えることになるでしょう。新しいビジネスが誕生するということなのです。

電力自由化のデメリットとは?

消費者は2016年の電力自由化にともない、電気を主体的に選び、購入できるようになります。

あくまで消費者が主体となって選べるという内容ですが、メリットばかりではなく、裏にはいくつかのデメリットも潜んでいます。

1・新電力に問題は無いのか?

新電力まず、電力小売り自由化に参入する新電力に問題はないのか?という心配があります。

事業者にノウハウはあるのか、電力はちゃんと家や会社まで届くのか?など、一般の家庭や企業からはさまざまな不安の声があがっています。

新電力事業者の多くは太陽光など再生可能エネルギーを使って発電を行いますが、発電後は東電などの既存の電力会社に電力を送電し、それぞれの電力会社の設備を使って各家庭や企業に電力が送られていきます。

送電設備まで新電力事業者が請け負うわけではないので、電力が途中で途絶えたり、供給されなくなるという心配はありません。

電力供給を安定させるために、電力会社による「常時バックアップ」「部分供給」などの体制も整ってきています。

この体制を取ることで、新電力事業者に万が一のトラブルがあっても、大手の電力会社が電力を継続的に補完することができます。

ただし、常時バックアップをしてくれる企業が偶然見つからない、あるいはそのバックアップが上手くいかない時には、電力供給バランスが崩れて停電が起こる可能性があります。

2・安定供給出来るのか?

安定的な供給次に、万が一の事態に安定供給が可能かという問題があります。

新電力の多くは太陽光発電や温泉発電などのクリーンなエネルギーを使用しますが、近年災害が増えたことにともなって、発電設備に何らかの不具合や災害時の対応が求められる可能性があります。

太陽光を十分に得られない場合や、発電設備の関係で発電が途絶えると、一般家庭や企業には十分に電気が届かないことになります。

災害の種類に関係なく発電ができることが大切ですが、いつどこでどんな災害が発生するかはわかりません。

大手電力会社のようにトラブル発生時の対応もまだ不十分と言えますし、災害・トラブル時の対応についてはまだ未知な部分が多いと言えるでしょう。

3・プランの種類が多すぎる!

新電力事業者による電力料金プランは顧客獲得のために種類が豊富になると予想されます。

今までは従量制のシンプルなプランが主流でしたが、通信とのセット割引やポイントプログラムなど、消費者にとって今まで以上に複雑化していきます。

情報の少ない高齢者世帯や、比較検討が不十分であると、どれが一番合っているのか決めにくく、時間がかかる場合があります。

仮に「良さそうなプラン」を見つけたとして、「それによく似た他社のプラン」が登場した場合、両者を比べるのには時間がかかります。

選択肢が増えることは一見良いことのようにも思えますが、プランが複雑になればなるほど、選ぶのに時間がかかることも事実。

加入しているプランによっては逆に新電力に替えることでお得度が下がるケースもあります。

たとえばオール電化を導入しているお宅や会社ではすでに十分電気代を低く抑えられている状態です。

しかし新電力を導入した場合、電気代が十分下がった状態からさらに下がることは考えにくく、目だった節約にはならない可能性があります。

電力市場は数兆円単位の大規模な市場であり、電力会社以外の事業者や異業種にとっては非常に魅力的なビジネスとなります。

しかしさまざまな事業者が参入する一方で、先に述べたようなトラブルが起きる可能性も懸念されています。

安定して電気を使うということは、信頼性があって安定している企業を選ぶことでもあります。

電力自由化の際はメリットばかりが取り上げられやすいものですが、デメリットもよく考えたうえで最適なプランを決める必要があるでしょう。

電気はためられない

電力の自由化を前にしてきちんと知っておきたい事実の一つに「電力はためられない」という点があります。

石油や水などと異なり、電気はためておくことができないのです。電力が必要になったときに瞬時に発電されなければなりません。

そのため、価格競争に注力し過ぎて技術面への投資を怠った電力会社は停電を起こしやすくなるでしょう。

長期間・大規模の停電が何度も発生する可能性も否定できません。

さらに、電力会社が突然倒産するという事態も見込まれます。

こうした場合にも大規模な停電が発生しやすくなります。

サービスが複雑化する

電力の自由化の影響で電気料金が安くなるのはありがたいことですが、自由化がもたらす変化はそれだけではありません。

電力供給に参入する企業が増えるのに加え、既存の電力会社もより価格の低いサービスを提供しようとするため、サービス内容や料金体系が非常に複雑になることが予想されます。

2016年4月の電力自由化により、想像以上に多くの電力供給サービスプランが提示されることになるでしょう。

その中でとってどれが一番有利なのかを自分で決定しなければならないのです。

自分で決められなければプランナーなどに相談しなければならず、それにもお金がかかります。

信頼できるプランナーを探すのも簡単ではありません。

また、電気料金だけでなく安定供給ができるか、停電の可能性がないかという点についても考慮する必要が出てきます。

このようにいろいろな側面から電力会社を調査、比較、選別するのは、専門知識のない一般家庭にとっては少々つらいものとなるでしょう。

電気料金が引き上げられる可能性も

電力の自由化が始まる前は政府が電力会社による電気料金の設定に関与しており、大規模な引き上げが行われることはありませんでした。

しかし自由化が始まればその規制が撤廃されることになります。

そのため、電気料金が安くなるどころか高くなる可能性も否定できないのです。

電力の原料となる石油の価格が高騰すればその分のコストが電気代にも加えられるでしょう。その結果、電気料金が想像もできないくらいに跳ね上がるケースも見込まれています。

既に電力を自由化している国々でも電気料金の引き上げはよく見られていますので、日本にいる私たちも油断することはできません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>