ブレーカーが落ちる原因とは?対策方法は?

ブレーカーが落ちた

機器的な原因ではなければ何が原因?

アンペアブレーカーブレーカーには幾つかの種類がありますが、家電製品や電気の使い過ぎで落ちるものは「アンペアブレーカー」です。

アンペアブレーカーが落ちるのは、家全体もしくは各部屋で一度に使用する電気量が多すぎるため。

規定の電気量を上回ってしまうと、アンペアブレーカーが契約量を超えて電気を使っていることを教えるために落ちるのです。

家族全員で一度に消費電力の大きな家電製品を使い、家の玄関にあるアンペアブレーカーが落ちてしまうケースがもっとも多くみられますが、各部屋ごと、たとえばキッチンスペースに配線された回路があって、そこに取り付けられた安全ブレーカーが規定の容量を超えてしまうとブレーカーが落ち、キッチンだけが停電するケースなどもみられます。

ただし、ブレーカーには「漏電ブレーカー」「安全ブレーカー」「アンペアブレーカー」の三種類があり、落ちる原因はそれぞれ異なります。

停電時は分電盤を開け、どこのブレーカーが落ちたかを確認しましょう。

分電盤には漏電遮断器やメインブレーカーなどがまとめて収められています。

万が一漏電ブレーカーが落ちていた場合は、家や室内のどこかで漏電が起きている可能性があるため注意が必要です。

家電製品で使いすぎているものは無いか?

家電製品の使い過ぎでブレーカーが落ちる場合は、消費電力の大きい家電を使い過ぎていないかチェックしましょう。

発熱する電気製品は最大電力で加熱を行うため、同時併用すると一度に電気を消費することになります。

電子レンジ・オーブン・炊飯器・ドライヤー・電気ケトル・掃除機などは日常生活の中で頻繁に使うものばかりですが、いずれも多くの電力を消費するため、使い過ぎや同時使用などには注意しましょう。

アンペアブレーカーを落とさないためには、家電製品を一度に使い過ぎないことが大切です。

契約アンペアの値を大きくすることもできますが、まずはコンセントを抜く、つけっぱなしの家電のスイッチをオフにする、同時併用をしないなどの工夫を心がけましょう。

電気料金プランは合っているのか?

ブレーカーが頻繁に落ちたり、電気代が高くついている場合は漏電の可能性を考えつつ、契約中の電気料金プランを見直すことも一つの方法です。

節約しているつもりでも、プランによっては電気代が高くなることがあるのです。

電気に関して疑問に思うことや、使っていないのに使っていると感じた時は、電力会社に問い合わせをするか、ご自身で電力会社のホームページを確認してプランを変更するなどして、無駄な電気代を省く必要があるかと思います。

電気料金プランを調べなおすだけでも、意外に安く電気代を抑えることが可能です。

多くのご家庭では「従量電灯」というプランで契約をしていると思いますが、従量電灯は時間帯によらず、いつ使っても一定の電力量料金がかかるプランのことです。

しかしお昼や夜に在宅でないのであれば、それぞれの空き時間帯に安くなる割引プランに加入することをおすすめします。

たとえば、朝型生活をしていて朝に電気を多く使うご家庭であれば、早朝からお昼まで安くなるプランなどに加入することで、電気代を劇的に節約することができます。

まとめ ブレーカーを落とさずに安心して電気を使用するなら、アンペア数を上げる必要があります。

ただし、従量電灯で高いアンペア数を契約してしまうと、節約ができないどころか電気代がさらに上がってしまいます。

そこで、アンペア数の見直しとともに電気料金プランの見直しもおすすめ。

ライフスタイルに応じて、電気をたくさん使う時間帯だけお得なプランを選ぶと良いでしょう

電力会社に連絡をすればスムーズに変更手続きができますから、少し面倒に感じられても、契約中のプランを最初から見直してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>